DREAM TENNIS ACADEMY
コンセプト
私は8歳からテニスを始めました。親から教わったのでもなく、自己流でもなく、スクールに通ったのがスタートです。その後、34歳で引退するまでずっとコーチングを受けていました。その中で感じたことは、上達する上で一番重要なことは有名クラブやスクールに行くことではないし、有名コーチに習うことでもないということです。そのクラブやスクールのコーチが 、「生徒を上達させてあげたい!」と強く願っているかどうかです。話が面白いコーチはたくさんいますし、施設の良いスクールはたくさんあります。しかし、上達するのに本当に大事なことは、生徒さんやプレイヤー1人ひとりを みて、その人のためにコーチングすることだと思います。                辻野 隆三
辻野 隆三
少人数制のキメ細かいレッスンがモットーです
翌期まで無制限で振替OK!いつでも好きな時に
受講できます
キッズは楽しく、ジュニアは徹底したプロフェッシ
ョナルな教育を実施
ケガの予防に力を注いでいるので安心してプレーできます
コートは全米オープンと同じデコターフ社のサーフェース
アウトドアでテニスをすることで、エコなテニスライフを提案します
お子さんは外で元気に運動していますか?健康ですか?
近年は子供の成人病が増えていると言われています。最近の子供は家でテレビを見たり、ゲームをしたり、塾通いなどで、友達と外で遊んだり運動したりする時間が非常に少なくなっています。
知的能力の発達は運動能力の発達と影響しあいながら進んでいくものなので、頭と体をバランスよく成長させるためにも、日頃からもっと子供に体を使った「あそび」や「運動」をさせる事が求められています。子供が汗だくになって帰宅し、「お母さんお腹がすいた、何かない?」と言えば、その子供の運動量は十分だと言われています。もし、欲求がなかったり、お菓子のようなものばかり要求するようであれば、それは運動不足も原因の一つです。子供には、「栄養分を自然に欲する運動」こそが必要です。外でおもいっきり遊んで、くたびれるまで体を動かす、これが子供の理想的な運動です。テニスにはお子さんの自立心を育て、神経系統の発達をうながす特徴があります。
DREAM TENNIS ACADEMYではテニスを通して子供の健康、運動能力の向上に取り組み、お子さんの成長をサポートするプログラムを実施しています。
お子さんは外で元気に運動していますか?健康ですか?
ページトップへ
© 2006-2008 DREAM TENNIS ACADEMY HAMAMATSU. All rights reserved.